特集

2018/04/28

巾木って何?あなたは巾木をご存知ですか?床と壁を継いでいる、あの部分のことです。

巾木とは

 

巾木の読み方は「はばき」と読み、「幅木」という漢字を書く場合もあります。

この巾木(はばき)とは家の内装に使われている部材ですが、実は名前があまり知られていません。

 

弊社に補修の依頼を頂く場合も、建築などの業界の方であれば「巾木の補修を…」とおっしゃられますが、もちろん一般的にはご存知ない方が多いです。

 

今回はそんな巾木(はばき)の補修についてご紹介していきたいと思います。

 

 

 

巾木(はばき)とは?

 

まず、巾木という名称をご存知ない方が巾木を補修したい場合、呼び方に困られると思います。インターネットで調べるにしても、検索ワードがわかりません。

 

弊社でもご相談いただく際、「床と壁の継ぎ目が割れてて…」とか「フローリングと壁の境目が…」とか「壁と下の方で、色が違う部分が…」など、色々な言葉で表現を頂きます。

 

改めてお部屋を見渡すと、部屋の中に巾木はたくさんあります。

下記の画像をご覧ください。

 

巾木

 

巾木とはこの部分です。

あなたのお部屋にもたくさんあると思います。

 

 

 

巾木(はばき)によくある補修前の症状とは?

 

巾木によくあるのは、割れです。

例えばこのような症状です。

 

巾木(はばき)の割れ

巾木(はばき)の割れ

 

 

次に、巾木のシートがめくれてしまうような症状もあります。

 

巾木(はばき)補修

巾木(はばき)のめくれ

 

このような場合も補修で直すことができます。

 

 

 

 

巾木(はばき)の補修事例について

 

ここからは巾木の補修事例をご紹介します。

 

先ほどご覧いただいた巾木がどのように直るのかをご覧ください。

まずは、先ほどの割れていた箇所を補修した事例です。

 

巾木(はばき)の割れ 補修前

巾木(はばき)の割れ 補修前

 

巾木(はばき)の割れ 補修後

巾木(はばき)の割れ 補修後

 

詳細はこちら

 

 

次に、めくれていた箇所を補修した事例です。

 

巾木のめくれ 補修前

巾木のめくれ 補修前

 

巾木のめくれ 補修後

巾木のめくれ 補修後

 

詳細はこちら

 

 

 

まとめ:巾木(はばき)の補修

 

巾木とは、床と壁の継ぎ目のことです。

弊社では巾木の割れ、めくれなど補修が可能です。

 

補修料金の目安についてはこちらをご覧ください。ぜひお困りの際は、お気軽にご相談ください!

 

お問い合わせ

電話 : 06-6494-4701

補修したい箇所の写真をメールフォームからお送りいただくと、無料でお見積もり可能です。

メールフォームはこちら

LINEはこちら