借主さま必見!
賃貸物件を出て行く前の補修

賃貸物件の退去時に、敷金を損しないお得な部分補修をする方法!

今月(来月)に引っ越しなのに、
・ドアに穴を開けてしまった
・クロスに穴を開けてしまった
・下地の石膏ボードまで割ってしまった
・水がこぼれてフローリングに染みを作ってしまった

など「借り物なのにどうしよう」そんな時はお気軽にご相談を。

退去時のひどい痛みは敷金の範囲を超え、高額な請求をされてしまう恐れがあります。
キズをつけた側(借主)にとっては、オーナーさん(管理会社さん)の提示する金額にはなかなか減額の交渉はなかなかしづらいもの。
事前に直し、気持ち良く返却するためのお手伝いをさせていただきます。

借主さま向けの補修事例

ケース1 )クローセット扉のパンチによる割れ

クローセット扉のパンチによる割れ

作業時間:5時間

 

ケース2 )フローリングについた焦げ跡

フローリングについた焦げ跡

作業コメント_

アイロンを、フローリングに直接置いてしまってついた焦げ跡。こちらも貼り換えることなく補修で直ります。

 

お問い合わせ

補修したい箇所の写真をメールフォームからお送りいただくと、無料でお見積もり可能です。

メールフォームはこちら